三方良し| 株式会社東京やまはち産業

社員インタビュー

プロフィール画像

「自己成長」を実感し、 私らしい店舗を創る!!

ストアマネージャー

森林 亜衣李

アルバイトから準社員、そしてストアマネージャーに

私がサーティワンで働くようになったのは、高校2 年生の時でした。偶然、友人から「一緒にサーティワンでアルバイトしようよ」と誘ってもらったのがきっかけで、働き出しました。もともと、サーティワンのお店の雰囲気が好きでしたし、アイスも大好きで、笑顔で接客してくれるキャストの皆さんも楽しそうに働いている印象を持っていましたので、友人が良いきっかけを与えてくれたと感謝しています。

その後、高校を卒業し、専門学校に行き20 歳くらいまでフリーターとして働いていましたが、様々なアルバイトをしていたこともあり、一旦やめて、半年くらい経過した後に、また、アルバイトとして戻ってきました。やっぱり、サーティワンでの接客が好きなんですね。

アルバイトとして働き出してから、このまま好きな仕事をやっていくのであれば、アルバイトではなく違った形で仕事をするのもありかな、と思っていたときにタイミングよく準社員制度の話を頂き、喜んで入社しました。

もともと接客が好きで、この仕事にも慣れてきて、いろいろ経験したことが活かせる、と思っていましたので、本当にうれしかったです。
その後、もっともっと自分の能力を高めようと、準社員になってから2 ヵ月後に、サーティワンのストアマネージャー資格を受験し、見事合格することができました。
このとき、私一人で勉強などをしていたら合格していなかったかもしれません。同じやまはちの皆と一緒に、同じ目標に向かって頑張ることができたので、合格できたのではないかと思います。

私の良い部分を見つけ、
さらに伸ばしてくれる環境が整っています

ストアマネージャーの資格を取得し、その後、今年の4 月からサーティワン アトレ新浦安店のストアマネージャーとして勤務することになり、立場も変わり、店も変わり、メンバーも変わった中でどのような店づくりをしていけばいいのか、正直迷ってしまう部分もありました。

「やまはちという会社はすごいな」そう思えることがありました。今のお店を今のままではなく、どのように変えていったらいいのかを上司に相談したところ、「自分が思うようにやればいいんだよ。森林さんが今までやってきていることに間違いはない。お客様が満足してくれ、キャストも楽しくなるような、そんな店をつくればいいと思うよ」とアドバイスを頂き、さらに、私の長所を引き出してくれ、お店を変えていこう、というモチベーションを上げてくれたのです。

この環境は単に上司の一人だけがそう、ということではなく、会社全体がそういった雰囲気があり、しっかりとした環境が整っているんです。
現場の意見を聞き、社員一人ひとりが考えていることを聞いてくれる、それは毎日の営業活動の中でもそうですが、1 年で1回実施される面談などもその環境づくりの1 つではないかと思います。そこで、私が考えていることを正直に話し、会社が自分をどのように評価してくれているのかも分かり、ものすごく風通しが良く、働きやすい環境があります。

目の前の目標を1 つずつクリアし、自己成長を実感。
この店を大きく変えていくのが今の私の目標です

将来に関しては、いろいろ考えていることはありますが、まずは、今日1 日、1 ヶ月、1 年と目の前の目標を明確にして、ひとつずつクリアしていきたいと思っています。今の目標は、このお店を大変革することです。「キャストがちょっとおとなしい感じの店になっている」と私は感じています。

本来サーティーワンとしてあるべき姿の、明るく、元気良く、キャストもお客様も全ての人が笑顔になる、そんな元気いっぱいのお店に変えていきたいと思います。これを実現していく最中で、いろいろな困難にぶつかることもあるかと思いますが、やまはちで働いていれば絶対にうまくいくと確信していますし、それだけ自分も成長していると思います。
「お店を変える」簡単なことではありませんが、今の私の目標です。