三方良し| 株式会社東京やまはち産業

社員インタビュー

プロフィール画像

現場で頑張っている社員の手本になるため、人間性を磨き続けます。

エリアマネージャー

猪狩 正春

「アルバイト時代 〜一体感のある社風に驚き〜」

私はアルバイトで東京やまはち産業に入社し、店長を経た後にエリアマネージャーに就任しました。

アルバイトで入社して一番驚いたのは、スタッフの一体感でした。 仲が良く、アットホームな雰囲気でしたし、何よりも仕事への熱意が物凄かったのを覚えています。
アルバイトの人たちだけでファミレスで食事をしていても、「どうすればもっとお客様に満足してもらえるか」「誰々の接客はもっとこうした方が良くなる」など、いつの間にか仕事の話になっていました。
そこまでアルバイトのうちから仕事へのモチベーションが高く、オフの時も仲が良い会社は他に聞いたことがありませんでした。

「一般社員・店長時代 〜手を挙げたら新業態の責任者に抜擢〜」

当社には、「やりたい!」と思ったことを行動に移すことができる環境があります。
例えば、新しい業態を立ち上げる時は、有志を募ります。
私自身、以前そこで手を挙げた内の1人なのですが、手を挙げた社員たちの本気度には目を見張るものがありました。
皆凄いモチベーションで刺激になりました。

また、当社では自分自身の目標は自分で立てます。
各店舗の店長は売上や利益目標を自分自身で設定しますし、アルバイトの人にもどのようにして店舗に貢献できるか等の個人目標を自身で決めてもらいます。
自分が立てた目標であるからこそ、全員が自分の目標を達成するために最後まで本気で頑張ることができるのです。

まさに、すべて自分の頑張り次第。
自分をどんどん成長させていきたいという意欲の高い人には最適な環境であることを自負しています。

「エリアマネージャーになって ~今後の私の使命~」

正直に言うと、正社員になりたての時は慣れない環境の中で肉体的にも精神的にも辛いことがありました。
本気で会社をやめようと思ったこともありました。
それでも今の自分があるのは、そんな自分を気にかけてくれた上司、力を貸してくれた同僚や部下たちがいたからです。

私は本当に環境に恵まれていると思っています。
時間を惜しまずに私と向き合ってくれた人もたくさんいます。
誤った行動をした時に叱られたことも何度もありましたが、それは全て糧になっています。
エリアマネージャーになった今、私のやりがいは後輩の成長のサポートです。
頑張っている社員たちの成長のためには、私自身が人間的な成長を続けていかなければならないと考えています。

当社では、本気で頑張れば正当に評価される環境が整っています。
公正で客観的な人事評価制度、職務・業績・能力に応じた給与制度、個人の成長をサポートする研修プログラムなど、他の飲食企業と比べても非常に充実していると感じています。
一緒に当社を盛り上げてくれる、ともに会社を成長させてくれる新しい仲間が増えるように、より良い会社づくりに今後も取り組んでいきたいと思います!